和歌山県|大阪風俗ニュースではデリヘル・ホテヘルの風俗情報を中心に風俗体験動画・風俗体験記事ブログ・風俗体験談・風俗体験漫画をご紹介しています。

  • 関西
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山
  • 三重

トップ >  和歌山県 > 

バニラスパ和歌山店
性感エステマッサージ
バニラスパ和歌山店
バニラスパ
スペシャルイベント

合言葉【メンズエステ】にて
☆
〜バニラエステコース〜

60分10,000円
80分12,000円
100分14,000円
120分18,000円

〜洗体コース〜
お試し70分13,000円
80分15,000円
100分18,000円
120分23,000円

☆
※指名料2000円
(新人は指名料半額)
※当日以外のご予約は+1000円
※本指名は適応外
※ホテル代別

※消費税別途
にてご案内させて頂きます☆

バニラスパ和歌山店
公式HP↓
http://vanillaspa9.com/
カテゴリー : 管理人オススメ女性
地域タグ: 和歌山
地域詳細タグ: 和歌山市
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
「デリヘルタイムズ」
大阪風俗NEWS管理人 (30歳)

女の子に会わずに楽しむ風俗♪
「チャット」、 「テレフォン」、「メール」
・・・
ちょっと物足りなく感じますか?
でもそんな貴方にも是非一度体験して頂きたいと思います。

3種類を具体的にご説明すると
「チャット」とはリアルタイムの動画(ライブチャット)で女の子と会話をする遊び方。
「テレフォン」とは文字通り女の子と電話でお話する遊び方。
「メール」とは女の子とメールのやり取りをする遊び方。

これらの風俗は女の子と触れ合ってヌイテもらったりする訳ではないのですが、
自宅に居ながら気軽に女の子と繋がれてエッチな気持ちになれるのでとっても気軽
勿論、お値段も手ごろですからちょっとお金が無いなという方にオススメ
また女の子と実際に会う訳ではないのでこちらの容姿や服装や職業も関係ないし、
プライバシーが漏れる心配も皆無。
訳あり(?!)の貴方や恥ずかしがりの貴方にオススメ。

初対面でも大丈夫!エッチな会話をい〜っぱいして楽しみましょう!
女の子の方も実際に会う訳ではないという気楽さから
か〜な〜りエッチなノリで接してくれることも多いですよ♪

3つの中でも気軽な「テレフォン」「メール」の人気もいまだに高いですが、
中でも管理人は「チャット」を特にオススメしたいと思います。
近頃の「チャット」には結構可愛い女の子が登録していて、
その中にはネットアイドルやタレント志望の子も少なくありません。
彼女らはなかなかノリが良く、またサービス精神も豊富で色々な要求に答えてくれます。
彼女らと出会うことが出来れば、下手な風俗でヌクよりもヌケルかも?!

これら「チャット」、 「テレフォン」、「メール」の楽しみ方や
いいコに当たったという方は是非カキコミをしてみて下さいね!

カテゴリー : 管理人オススメ女性
「デリヘルタイムズ」
一発0円広告
投稿日:2014-05-29 01:26
大阪風俗NEWS管理人 (30歳)

別名デートクラブとも呼ばれる「交際クラブ」、
風俗のイメージはないかもしれない。
というよりもっとガチなイメージだろうか。
そう、この「交際クラブ」はうまくいけば、
風俗のプレイのようにひとときの間のアソビではなく
もしかしたら≪一生もの≫のパートナーが出来るかもしれないシステム
だ!

これら交際クラブの流れは簡単だ。
ネット上の専用サイトに会員登録をして
女性とやり取りをし、
マッチングの結果がうまくいけば
実際に会ってデートをする

我々男性の場合は登録料金が発生し、
さらにデート代もこちら持ちと云う事で
ちょっと損なように感じるかもしれないが、
考えてみれば、これで一生物の出会いがあるかも?!と思えば価値はある。

また一生ものの出会いを求めていない君にも朗報アリ。

これら交際クラブは女性の登録料は要らない為、
OLや秘書など清楚なイイ女が登録している率も高かったりする。
そう、清楚でスレていない女性とデートしたい君にはうってつけなのだ

デートの内容は2人で決めていい。
一度デートをしてイマイチな感触の場合は
それきりでもいいし、
二人がOKならば食事やショッピングやそれ以上の関係だって充分望めるぞ。

これら交際クラブでいい出会いをしたという君。
またこれら交際クラブでちょっとトホホな体験をしたという君。
是非それら独自の体験をカキコんでくれたまえ!

カテゴリー : 管理人オススメ女性
人妻茶屋 梅田店 営業用
一発0円広告
投稿日:2014-05-29 01:17
大阪風俗NEWS管理人 (30歳)

総合プロダクション?!
ピンと来ない諸君に説明をすると、
これはいわゆる芸能事務所、
中でもちょっとセクシーな要素の入る仕事を
紹介する事務所の事
である。

勿論、仕事は
女の子の登録後、
各自の希望を聞いて振り分けられるので
セクシー要素がゼロのものもあるのだが、
グラビア、ちょっとエッチなビデオや動画、
そして最終的にはAV(企画・単体)へと導く事が多い。
というよりもセクシーな方がギャラも多い為、
女の子もだんだんと慣れて行ってゆくゆくは…というコが多いのである

最初から進んでAV出演を希望するコははっきり言って多くは無い。
最初は普通の映像の通行人やグラビアやイベントなどの仕事、
そしてちょっとずつセクシーな仕事やセクシーな衣裳でのイベント、
と段階を踏んでいくので、
我々はこういったイベントやちょっとした動画やビデオなどで
「ちょっとイイ」と思うコが居たらチェックしてみるといいかもしれない

・・・ぶっちゃけ、この楽しみ方はなかなかイイ。

この中に未来の超人気AV女優が居るかも?!

そう、未来のAV女優やセクシータレントを発見し、育てるのは
もしかしたら君の「目」かもしれないのだ!

もし、そんなコを見つけた際は是非このカキコミをしてみよう!


 

カテゴリー : 管理人オススメ女性
大阪ファッツ
人妻茶屋 梅田店 営業用
投稿日:2014-05-23 00:39
大阪風俗NEWS管理人 (30歳)

風俗好きの諸君なら
行った事があるなしは抜きにして
「飛田新地」の名は知っているだろう。

そこは現代にも残る≪遊郭≫。

これら飛田新地など遊郭(新地)は別名「料亭」とも呼ばれ
雰囲気ある家屋の中で好みの嬢と本番エッチが出来る風俗だ。

飛田の場合は時間で言うとたった15分程度の遊びなのだが、
店前でシナを作り待っている女の子を指名して、
店の二階へ2人で上がって、つかの間であるけれど・・・≪恋愛≫する。
このなんとも言えないムード、日本情緒溢れる風情は男心を刺激する。
同じく本番が出来るソープや、数あるヘルスサービスとはまた違う
独特の気分が味わえて気持ちも体も高揚する事間違いなしだ

例に挙げた飛田新地は風俗好きの中でも愛好者の多い
最も情緒ある街並みを残した料亭街だが、
日本にはこの他にも実に様々な料亭がある。
飛田と比べると規模は小さいものが多いが、
がっつり旅館風の家屋で遊べるところから
知る人ぞ知る隠れ茶屋風のところまで
もはやカルトスポットを探検するような気分で遊びに行ける。

ちなみに・・・人気AV嬢の夏目ナナや蒼井そらも料亭出身だという噂もある!
もしかしたら・・・彼女らのようなとびきり美人と出会って≪恋愛≫出来るかもしれないぞ!

カテゴリー : 管理人オススメ女性
クラブパラダイス_営業用
一発0円広告

大阪風俗NEWS管理人
今回も『デリヘルドライバー』(駒草出版)の執筆を通して出会ったデリヘルドライバーの人生を紹介したい。

前回の「運転のプロが職場に『デリヘル』を選んだ必然」でも触れたが、もともと日本のセックス産業は、東京であれば歌舞伎町のような繁華街か、あるいは吉原(台東区千束)などの風俗街に店舗を構えて営業されていたものだった。

ところが2003年東京都知事・石原慎太郎(当時)の号令による「歌舞伎町浄化作戦」と称する大規模な風俗店摘発がきっかけで変わり始める。続く2005年の都条例改正、さらに2006年の改正風適法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の施行によって、ソープランドに代表される店舗型風俗店は激減した。
では、その後東京の街は健全化したのだろうか。まったくそんなことはない。むしろ逆だ。

東京に限らず都市部にお住まいの方は、スマートフォンに向かって「近所のデリヘル」と呼びかけてみるといい。
GoogleやSiriが、近くにあるデリヘル店を探し出し、店のホームページをずらりと並べてくれるはずだ。

これは単にデリヘルという風俗が増えた、ということだけに留まらない。
今や日本の都市全体が、巨大な風俗街と化したのだ。
また、店舗型の風俗店の場合は前述した風適法により、深夜0時以降の営業はできないが、デリヘルの場合はほとんどが夕刻から早朝にかけて営業される。

そう、デリバリー型ファッションヘルスは、文字通り夜の闇に覆い隠されているのだ。
そんな闇に包まれたデリヘルの内情を、誰より肌で感じているのがデリヘルドライバーたちだ。

■「自分がドライバーになるとは夢にも思わなかった」

では、どういう人たちがデリヘルドライバーになるのだろう?

前々回「天才音楽少年が風俗業界で働き続ける事情」でも書いたが、東スポこと東京スポーツに代表されるスポーツ紙の求人欄を広げてみれば、「デリヘルドライバー急募」という広告が目に飛び込んでくるはずだ。「即採用」「ガス代支給」「日給1万円以上」など、特に「日払い」と大きく打つところが多く、「年齢不問」とされるところも少なくない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00199945-toyo-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
風俗SEO.com
東京風俗NEWS
大阪風俗NEWS管理人
手首には傷、全身にタトゥー。「痛みを伴って形に残るのが好きでした」。北九州市に住む30代のエリさん=仮名=は10年近く性風俗業界に身を置いた。最初に入ったときの感覚も、自傷行為に近かったという。

「汚れた自分をおとしめたかったんです」。自己分析では、小学1年で近所の男子中学生から性暴力を受け、その傷が心の奥底に残っているからだと思う。17歳で援助交際を始め、18歳でヘルスに入店した。

いつも死ぬことばかりを考えていた。そんな日々でも「人と肌を合わせていると安心感がありました」。業界を離れたのも望んだわけではなく、理由の一つは過食で体形を崩したから。グラビアを飾った風俗雑誌を今も大切にしている。

「子どもを抱えて生きるにはあそこしかなかった」
ユリさん(49)=仮名=も性風俗業界を居場所にしてきた。17歳で出産したとき、暴走族の相手は少年鑑別所にいた。1人で育てる決心をしたものの、世間の風は冷たかった。

昨年の厚生労働省調査によると、シングルマザーの平均年収は243万円で、ひとり親の男性の6割に満たない。生活保護も考えたが「母子家庭というだけでも世間から下に見られるのに」。性風俗だと男性より断然稼げる。シングルマザーも珍しくない。乳飲み子を抱え、各地の温泉街を転々としながら働いた。


夜の街で知り合った男に覚醒剤を打たれ、数年前に薬物依存による精神障害と診断された。今は福岡県内の福祉施設で暮らす。子どもにはもう何年も会えていない。それでも「子どもを抱えて生きるにはあそこしかなかった」と思う。

「風俗は女のセーフティーネットだね」。福岡市で違法な性風俗店を経営していた40代の男性は語る。最近は求人広告に「託児所完備」の文字も目立つ。とはいえ、そこは灰色の街。性行為の強要など人権侵害が横行し、借金や薬物で身を滅ぼす女性は少なくない

男性の店の従業員も数年前、わが子2人を絞殺する事件を起こした。30代のシングルマザー。子どもに仕事の内容が知られたら見捨てられるとの強い不安から衝動的に犯行に及んだ−と裁判で判断された。状況を把握できない認知障害、自分をコントロールできない行動障害も認められた。

性暴力、貧困、障害…。どれも実社会のセーフティーネットが十分に機能していれば、とば口で立ち止まれたかもしれない。夜の繁華街をさまよう少女たちを支援するNPO法人BONDプロジェクト(東京)の橘ジュン代表も「虐待や貧困で支援が必要な子ほど、助けを求めるすべを知らない。情報をどう届けるか考えなければ」と指摘する。

わが子に手を掛けた母親には、懲役10年を超える実刑判決が言い渡された。
経営者だった男性は「前の店でトラブルを起こし、行き詰まってうちに来た。子どもはかわいがっていたようだけど」と振り返る。灰色の街へ、今日も女性たちが吸い寄せられていく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00010000-nishinpc-soci

カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
一発0円広告
投稿日:2017-10-14 12:44
大阪風俗NEWS管理人
法律を少しかじったことのある人なら誰でも知っているのが、民法90条です。
同条は次のように規定しています。

“公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。”

本条の「法律行為」というのは法律効果を発生させる行為のことで、契約などが典型です。
対義語(?)は「事実行為」といい、単に物を動かしたりするというように「法律効果」が生じない行為を指します。

「公の秩序又は善良の風俗に反する」とは公序良俗違反と略され、典型的な例として借金返済のために売春をさせることや妾契約などが挙げられます。

売春契約も公序良俗違反になるので、「2万円で売春をする」という契約も本条によって無効です。
ですから、売春行為後に「2万円を払って下さい」と請求しても、無効な契約なので(法的には)支払い義務はありません。
それを知っているからか、それとも後で「金がない」と言われるのが困るからか、売春や風俗は必ず前払いにしているはずです。

先般、「アッコちゃんの時代」(林真理子著、新潮社)を読んでいたら、若い女性に多額の贅沢をさせたバブル紳士が、(別れたあとで)使ったお金を返せと請求してくるという噂話が出ていました。

何百万(場合によっては千万単位?)もの海外旅行やアクセサリー、宝石等々をおねだりして「バイバイ」となったのですから、「返せ」と言いたい気持ちもわかります。ここでは民法708条が問題となります。
同条は以下のように規定しています。

“不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りではない。”

つまり、妻子あるバブル紳士が、不貞行為を続ける目的で若い女性に宝石等を贈与した場合は、贈与契約が公序良俗違反で無効だからといって「返せ」ということはできません。
自ら手を汚した人間を法は手助けしないという趣旨で「クリーンハンズの原則」と呼ばれています。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00010002-agora-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
東京風俗NEWS
大阪風俗NEWS
大阪風俗NEWS管理人
社会風俗・民俗、放浪芸に造詣が深い、朝日新聞編集委員の小泉信一が、正統な歴史書に出てこない昭和史を大衆の視点からひもとく。今回は「テレクラ」。
昭和51(1976)年に内山田洋とクール・ファイブがヒットさせた「東京砂漠」。人間関係が希薄な都会生活を憂えつつも、愛にすがって生きざるを得ない女性をうたった歌である。
風俗の世界で働く女性たちの中にも、同じようにやるせない思いをする人がいる。

前回に続き、昭和56年12月、新宿にオープンしたのぞき劇場「アトリエ・キーホール」から始めたい。実はかなりまじめな(?)店だったらしい。

店のオーナーは考えた。劇場で働く女性の中には、親元から遠く離れ、アパートで独り寂しく暮らしている人もいるにちがいない。
寂しさのあまり、ホストクラブなどで遊び回り、せっかく稼いだお金を湯水のごとく使ってしまった女性もいるかもしれない。まさに「東京砂漠」ではないか。

「困ったことがあったらいつでも電話しなさい」。
女性従業員にそんな言葉をかけ、劇場の電話を開放した。
男性スタッフたちがかかってきた電話に応対した。
いわば「人生相談電話」である。

あにはからんや、仕事を終えて自宅に帰ったはずの女性たちから早速あれこれ電話がかかってきた。
中には寂しさをまぎらわすだけの電話もあったという。

問題は、女性からの相談に丁寧に応じるはずの男性スタッフだった。
いつしか面倒くさくなり、店にいる男性客に「少しの間、頼むよ」と電話番を任せるようになった。
男性客にしてみたらもうけもの。うら若い女性と懇(ねんご)ろに話ができるのだから。
「すごい、すごい」。評判が評判を呼び、雑誌にも取り上げられた。

ここまでだったらよかった。
ところが、雑誌は電話番号まで掲載してしまった。
だから、店と関係のない女性からも電話がかかり、一日中、鳴りっぱなしになった。
話し相手を求める女性は想像以上に多かったのである。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00000047-sasahi-soci
カテゴリー : 風俗ニュース
プラチナ_営業
人妻茶屋 梅田店 営業用
大阪風俗NEWS管理人 (30歳)
――ソープランドや店舗型ヘルスなど、実店舗を持つ店舗型風俗店。法的には「店舗型性風俗特殊営業」なる名称を与えられた性風俗店を中心に、立地や建物に関してどのような法が存在し、実際にどのような規制があるのか、関係者の話を聞きつつ検証した。

1510_imekura_01.jpg
2000年代初頭、店舗型ヘルス店はなやかなりし頃には、都内各地にこうしたイメクラ店も多数存在した。
「フーゾク建築」と聞いて読者諸氏は何を思い浮かべるだろうか? 東京・歌舞伎町や福岡・中洲のピンク看板のド派手なビル? あるいは東京・吉原の下町風のソープ街? 少し詳しい方なら、大阪・天王寺の飛田新地などを想起されるかもしれない。しかし、程度の差こそあれ、基本的には暖色系の派手な色使いで、どこか卑猥な匂いをまき散らしているのが一般的だろう。なぜなのか? 『ラブホテル進化論』(文春新書)などの著作のある神戸学院大学人文学部講師の金益見氏はこう語る。

「メディアへの広告出稿などで集客するという一般的なビジネスとは真逆の風俗店は、店の外観がそのまま広告です。つまり、とにかく目立たなければならず、と同時にサービス内容が一発で客に伝わらなければいけない。派手な上、『90分1万5000円』などの即物的な料金看板をことさら目立つように店前に置いているのも、そのためでしょう」

そこで本稿では、そんな風俗店の建築に焦点を当ててみたい。

しかしそもそもの前提として押さえておきたいのは、そんな店舗型風俗は、現代日本では急速に縮小傾向にあるということだ。

1956年の売春防止法成立以降、日本では売春するのもさせるのも違法となったのは周知の通り。もちろんそれ以降もソープランドやちょんの間など事実上売買春が可能なグレーな業態は存在し続けているし、昔ならダイヤルQ2、いまならネットを介した個人売春も存在はするだろう。しかし、役所の許可を得て堂々と営業する店である以上、金銭の授受が介在する性行為(要は男女間の挿入行為、風俗用語でいうところの本番行為)は、少なくとも表向きはNG。そして、許可を得た合法風俗店を統括しているのが、ご存じ風営法(風適法とも)、つまりは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」なのである。弁護士法人「AVANCE LEGAL GROUP」の児玉政己弁護士は、こう解説する。

http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2015/09/post_6212/

★大阪風俗NEWS管理人から一言(´・ω・`)

フーゾク建築、という言葉自体はあまり聞きなれませんが、
ネオンや派手な立て看板のイメージはみなさん
持たれているのではないでしょうか?

ある意味で伝統的な文化という感じですが、
それがどんどんなくなっていくのは少し
寂しい気もしますね。
カテゴリー : 風俗ニュース
大阪ファッツ
風俗SEO.com