関西ピンクサロン|大阪風俗ニュースではデリヘル・ホテヘルの風俗情報を中心に風俗体験動画・風俗体験記事ブログ・風俗体験談・風俗体験漫画をご紹介しています。

  • 関西
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山
  • 三重

トップ >  ブログ >  関西 >  ピンクサロン > 

フリーワード検索
大阪風俗NEWS管理人
手首には傷、全身にタトゥー。「痛みを伴って形に残るのが好きでした」。北九州市に住む30代のエリさん=仮名=は10年近く性風俗業界に身を置いた。最初に入ったときの感覚も、自傷行為に近かったという。

「汚れた自分をおとしめたかったんです」。自己分析では、小学1年で近所の男子中学生から性暴力を受け、その傷が心の奥底に残っているからだと思う。17歳で援助交際を始め、18歳でヘルスに入店した。

いつも死ぬことばかりを考えていた。そんな日々でも「人と肌を合わせていると安心感がありました」。業界を離れたのも望んだわけではなく、理由の一つは過食で体形を崩したから。グラビアを飾った風俗雑誌を今も大切にしている。

「子どもを抱えて生きるにはあそこしかなかった」
ユリさん(49)=仮名=も性風俗業界を居場所にしてきた。17歳で出産したとき、暴走族の相手は少年鑑別所にいた。1人で育てる決心をしたものの、世間の風は冷たかった。

昨年の厚生労働省調査によると、シングルマザーの平均年収は243万円で、ひとり親の男性の6割に満たない。生活保護も考えたが「母子家庭というだけでも世間から下に見られるのに」。性風俗だと男性より断然稼げる。シングルマザーも珍しくない。乳飲み子を抱え、各地の温泉街を転々としながら働いた。


夜の街で知り合った男に覚醒剤を打たれ、数年前に薬物依存による精神障害と診断された。今は福岡県内の福祉施設で暮らす。子どもにはもう何年も会えていない。それでも「子どもを抱えて生きるにはあそこしかなかった」と思う。

「風俗は女のセーフティーネットだね」。福岡市で違法な性風俗店を経営していた40代の男性は語る。最近は求人広告に「託児所完備」の文字も目立つ。とはいえ、そこは灰色の街。性行為の強要など人権侵害が横行し、借金や薬物で身を滅ぼす女性は少なくない

男性の店の従業員も数年前、わが子2人を絞殺する事件を起こした。30代のシングルマザー。子どもに仕事の内容が知られたら見捨てられるとの強い不安から衝動的に犯行に及んだ−と裁判で判断された。状況を把握できない認知障害、自分をコントロールできない行動障害も認められた。

性暴力、貧困、障害…。どれも実社会のセーフティーネットが十分に機能していれば、とば口で立ち止まれたかもしれない。夜の繁華街をさまよう少女たちを支援するNPO法人BONDプロジェクト(東京)の橘ジュン代表も「虐待や貧困で支援が必要な子ほど、助けを求めるすべを知らない。情報をどう届けるか考えなければ」と指摘する。

わが子に手を掛けた母親には、懲役10年を超える実刑判決が言い渡された。
経営者だった男性は「前の店でトラブルを起こし、行き詰まってうちに来た。子どもはかわいがっていたようだけど」と振り返る。灰色の街へ、今日も女性たちが吸い寄せられていく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00010000-nishinpc-soci

カテゴリー : 風俗ニュース
大阪風俗NEWS
東京風俗NEWS
大阪風俗NEWS管理人
2016.10.31 18:56

金を返済するため女性を性風俗店で働かせたとして、大阪府警保安課は31日、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、女性の交際相手の風俗店員、平田浩一容疑者(29)=大阪市北区=と、借金の取り立て役だった横浜市中区の建築業、多田聖容疑者(26)を逮捕、送検したと発表した。
平田容疑者は容疑を認めているが、多田容疑者は「自分には関係がないことだ」と否認しているという。

2人の送検容疑は平成25年9月、平田容疑者の交際相手の女性(30)を大阪市北区の性風俗店に紹介したとしている。

府警によると、平田容疑者は以前勤務していたビデオ店で、店長の連帯保証人となって数百万円以上の借金を背負った。
取り立て役だった多田容疑者の指示で平田容疑者は女性を性風俗店で働かせ、今年8月まで約3年間、毎月30万円を返済させていたという。
女性が同月、府警に相談して発覚した。
http://www.sankei.com/west/news/161031/wst1610310091-n1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
東京風俗NEWS
画像掲示板【DANJOweb♂♀】
大阪風俗NEWS管理人
国境を流れる鴨緑江を挟んで中国と向かい合う北朝鮮の新義州(シニジュ)。中朝貿易、国内物流の拠点だけあって、各地から多くの人とカネが流れ込む。それに導かれるようにして、多くの女性が集まってくる。
現地のデイリーNK内部情報筋によると、市内の閘門旅館の前では、20代と思しき女性たちが通りかかった男性に「マッサージはどうですか」としつこく勧める。売春の斡旋だ。

バスターミナルで
交渉がまとまれば料金を支払う。新義州での相場は、20代女性150元(約2460円)、30代女性100元(約1640円)だ。斡旋をする女性はそこから20元(約330円)を受け取る。20元でコメ4キロに相当する額だから、保安員(警察官)への付け届けを払っても、かなりいい稼ぎとなる。
北朝鮮にはラブホテルが存在しないため、「待機宿泊」と呼ばれる民泊で事に及ぶ。

情報筋によれば、駅前や繁華街にこのような女性が200人から300人もいるという。
売春に従事する女性には大きく分けて2つのタイプがいる。1つは他の商売と比べて楽に稼げることに魅力を感じた女性、もう1つは市場経済化の波に乗れず、貧しい生活を強いられている女性だ。

情報筋が会った女性は「夫が軍隊で事故に遭い、障がいを負って除隊した、仕事ができなくなったのに国は一切の補償をしてくれないため、生計を立てるためにやっている」と話したという。
国のシステムが曲がりなりにも回っていた1980年代以前、北朝鮮には売春はほとんど存在しなかった。
一部にはあったが、ごく個人的な営みに限られていた。国から食糧や生活必需品、住宅に至るまで支給されていたため、多額の現金が必要なかったからだ。また、女性を様々な政治組織に加入させ、「商売」をする時間を与えなかった。

売春の拡散が始まったのは、1990年代前半からだ。この頃から、配給の回数が減り始め、暮らし向きが徐々に悪化した。
「苦難の行軍」と呼ばれる大飢饉が起きた90年代後半に至っては、餓死から逃れるために売春に従事する女性が急増した。
そして今では、全国の駅、バスターミナル、市場では必ずと行っていいほど売春の斡旋が行われるようになり、組織化されるようになった。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170902-00075261/
カテゴリー : 風俗ニュース
「デリヘルタイムズ」
ミセスモンロー
大阪風俗NEWS管理人
違法な性風俗店を元から絶とうと、大阪府警が部屋を貸し出すビルオーナーらへの対策を強化している。違法店舗を摘発しても、内装そのままに別の業者が引き継ぐ「居抜き出店」が後を絶たないためだ。
オーナー側が黙認しているとみられるケースも多く、府警は間仕切りの撤去など部屋の“透明化”を要請。
再入居を防ぐこの取り組みは「スケルトン作戦」と呼ばれ、1月からの実施ですでにいくつかの「風俗ビル」が姿を消したという。

居抜き状態化

大阪市都島区の京橋駅近くにある6階建てテナントビル。この建物ではほんの数カ月前まで、各フロアで性風俗店が違法営業していた。
府警は平成25年5月から27年1月にかけて、同ビルの9店舗を風営法違反容疑で順次摘発。うち数店舗は前の業者を摘発した後に入った居抜きの形態だった。
繰り返し部屋を貸していたビルオーナーも共犯や同法違反の幇助(ほうじょ)罪にあたる可能性があった。このため府警はオーナーへの指導を強化。「二度と違法店には貸さない」という誓約と、スケルトン化への協力を了承させた。
カテゴリー : 風俗ニュース
熟女家 豊中蛍池店
一発風俗SEOちゃんねる
大阪風俗NEWS管理人
他の客に見えるような状況でわいせつ行為をさせたとして、大阪府警保安課と曽根崎署は15日、公然わいせつ容疑で、大阪市北区曽根崎のピンクサロン「学校でGO!GO!」を摘発し、経営者の垣内直樹容疑者(30)=同区兎我野町=や女性従業員ら計13人を現行犯逮捕したと発表した。

垣内容疑者の逮捕容疑は13日夕、同店内の一部間仕切りのないスペースで、男性客と女性従業員計3組にわいせつな行為をさせた、などとしている。

府警によると、同店は雑居ビルの4階と5階に入居し、5階の一部を教室風に改装。セーラー服を着た女性従業員が性的サービスを提供していた。店内には個室が計7室あったが、いずれも入り口側の仕切り壁がなかったという。

http://www.sankei.com/west/news/160915/wst1609150065-n1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 大阪
業種タグ: ピンクサロン
地域詳細タグ: 兎我野町/堂山
大阪ファッツ
風俗SEO.com
投稿日:2014-05-22 01:17
大阪風俗NEWS管理人 (30歳)

「ピンクサロン」、略して「ピンサロ」。
風俗に数々種類はあれどこの手軽さを愛する男は多い。

何がいいって、
その手軽さがいい。

シャワー無し、個室無し、
ボックス席のソファの上で
1人〜、2〜3人の嬢が交代で
ソフトタッチからフェラまでOKで
30分5000円〜

もはや風俗と云うよりも飲み屋プラスαの感覚で遊べる。

個室じゃないという点は
初心者諸君には照れ臭く感じるかもしれないが、
あのムーディーな照明の暗さや
ガンガン流れるミュージックも
ピンサロならではの魅力がありテンションが上がる

あのムードの中だからこそ、
あまりスレていないセクシーな衣裳を着て
相手をしてくれる嬢たちがとても輝いて見えるのである。

勿論、ちょっと上乗せしたらヘルスに行ける。
勿論、頑張ったらソープにだってちょんの間だってある。
そう、がっつり対戦出来る風俗は今やたくさんある。
しかしこの手軽さ、そしていい意味での物足りなさはかえって魅力なのである。
可愛い女の子と酒を片手にイチャイチャ、ラブラブ…
そんな「ピンサロ」は万人に愛される我ら庶民の味方、
サクッとイケてサクッと遊べる我ら男達の永遠のパラダイス
と言っても過言ではない。

カテゴリー : 管理人オススメ女性
プラチナ_営業
「デリヘルタイムズ」